2018年7月15日日曜日

あの「シルバニア村」をリアルに再現?!『シルバニアパーク』が茨城県『こもれび森のイバライド』内にグランドオープン♪


毎度どうも~! ぬいぐるみたちを使ってごっこ遊びをする普通の女の子だった管理人です! ぬいぐるみが普通サイズだったので、収納に困っていましたけどね。

そんなわけで、エポックから『シルバニアファミリー』シリーズが出たときは欲しくて欲しくてたまらなかった。そうこうしているうちに大人になってしまって、買う(買ってもらう)機会を逸してしまったけど。

さて、そんな憧れのシルバニアファミリーのキャラクターたちが生活している「シルバニア村」をリアルに再現した『シルバニアパーク』が、茨城県稲敷市にある『こもれび森のイバライド』内にグランドオープンした、というので行ってきましたよ。

実は、シルバニアファミリーのショコラウサギちゃんやくるみリスくんなどのキャラクターと触れ合える屋外の常設場所は静岡県裾野市にある『ぐりんぱ』(『シルバニアビレッジ』)や、福岡県福岡市内の『かしいかえん』(『シルバニアガーデン』)に次いでここが3箇所目。首都圏では初めて、とのこと。

茨城県って言っても、千葉県境付近。JR常磐線牛久駅からは、無料送迎バスが1日に4往復もあるので、マイカーなど自前の足がない人でも行きやすいかも。


大人なのに思わず頬がゆるんでしまったキャラクターたちの魅力

こもれび森のイバライドに入ると、あちこちに「シルバニアパークはこちら」というサインが。招待していただいたオープニングセレモニーがシルバニアパーク内で行われるとのことなので、広大なイバライド内で道に迷っていられません。かなり助かりました。

シルバニアパークに入るには、「赤い屋根のお家」を模した入り口で受付をする必要があります。パークインパーク、という位置づけなので500円を払ってリストバンドチケットを受け取ります。これを巻いていれば、何度も出たり入ったりできますよ。もちろん当日限りですけどね!
シルバニアパーク入口の
「赤い屋根のお家」
「赤い屋根のお家」内部の受付カウンターの反対側には
ショコラウサギちゃん兄弟が
オープニングセレモニーが行われるのは「風の丘ステージ」。イベントがあればステージとして、ないときは常設の「みんなでドライブファミリーワゴン」でドライブゲームを楽しむこともできます。


で、まずは席を確保。

この日は各地で猛暑となり、稲敷市の最高気温も33℃。晴天で日差しがきつい! 登壇したエポック代表取締役社長 前田道裕さん、イバライドを運営しているファーム代表取締役社長 髙井裕二さん、稲敷市副市長 高山久さんたちも暑そう(笑)

「シルバニアファミリーシリーズが生まれたのは1985年」と前田さん。「小動物をモチーフにしたキャラクターだったため、言語関係なく世界中で遊んでもらえる玩具になりました」とのこと。
エポック代表取締役社長 前田道裕さん

わたしなんかむしろこれが誕生したとき、「イギリスからの輸入品かな?」と思ったぐらいなんだけどね。国産だったと知ったのは大人になってからのことですわよ。

髙井さんは「ここに来る途中、『6月23日オープン』っていう幟(のぼり)があって、『あれ、今日は7月14日では?』と思いませんでしたか?」と話しかけ、「実は、先月プレオープンしていたんですが、それから毎週のように施設を増やしていき、今日、本格的な、グランドオープンを迎えたんです」と説明。「とはいえ、これで“完全”ということはないので、みなさんが来るたびに新しい発見があるように、どんどん増やしていきますよ」としっかりアピールしていました。
ファーム代表取締役社長 髙井裕二さん

稲敷市副市長 高山久さん
その後、ショコラウサギちゃんをはじめとする5人(5匹?)のキャラクターたちがダンス♪ダンス♪ダンス♪

かわええ!

これは、社長が胸ポケットに入れたくなってしまう気持ちもわかるわぁ。


シルバニア村住人たちの生活をのぞきつつ、その中に入り込める!

セレモニー後、パーク内をぷらぷらとお散歩。気温が高かったので、水遊びのできる「キラキラ湖」と「せせらぎ川」は大人気でしたよ。
水遊びしたい〜

そのほか、今にも誰かが滑り落ちてきそうな「森のたのしいようちえん」や……


大人気の「赤い屋根の大きなお家」などなど。

畑もあるよ!

中をのぞくと、みんなの生活を垣間見ることができますよ。あー、この中で暮らしたいw


 「ファミリーコテージ」の中にあるボールプールでは、入って遊ぶこともできます。ボールの色が涼しそう。



グッズは「町」でも買えるけど、限定特典をゲットするならパークに入場すべし!


こもれびの森イバライドでは、以前からシルバニアファミリーシリーズとのコラボをしていて、シルバニアパーク開園後も「町エリア」という位置づけで「あそびのお部屋」「森のマーケット」などを運営しています。

森のマーケットでは、シルバニアファミリーシリーズのアイテムを販売。オリジナル商品をゲットしたいなら、ここがオススメです。
ガチャもある!
筐体はバンダイ


あそびのお部屋には大型ジオラマを展示しているほか、キャラクターたちで遊べるプレイコーナーもありますよ。

 こんなわけで、パークに入場しなくてもシルバニアの世界観は楽しめるのですが、個人的には500円払ってでも入場したほうがいいと思うのですよ!

 その理由がこれ。「わくわくクイズラリー」。
パーク内に隠されているヒントをたどりながら、簡単にクイズに答えていき(丸をつけるだけ)、町エリアのあそびのお部屋に持っていけば、パーク限定の赤ちゃん人形をもらえるのですよ!

ちなみに、家族4人で入場すれば、4枚のクイズラリーリーフレットがもらえ、それを交換所に持っていけば4体の赤ちゃん人形がもらえる。オリジナルの赤ちゃんが4体!

オープン記念ということで、9月2日までの期間限定だけど、夏休み中遊べますよ。

こもれびの森イバライドのそのほかのハイライト

「もともと牧場かなにかだったのかな?」と思うほど広々とした敷地は、緑と触れ合えるアクティビティが豊富。アスレチック遊具、水遊びといったプレイエリアや、乗馬体験、乳搾り体験のできる牧場エリア、アイスクリーム作りやパン作りを体験できる体験教室などなど。

今回は時間があまりなかったのですが、7月14日にはじまった夏だけの(?)お楽しみ、ブルーベリー摘み取り体験ができました。

 体験料は300円。350ccくらいのプラカップを渡されますが、これはほぼほぼお土産用と考えて良いでしょう。だって、摘みながらいくら食べてもいいんですもの。


「この木のブルーベリーはどうだろう……むしゃむしゃ、甘い。よし、摘もう。こっちはどうかな……ちょっと酸味が強いかな。別の木に移ろう」といった具合。

ブルーベリーでお腹がいっぱいになるという体験ははじめてでしたよ(笑)。こちらは、土日祝日だけの開催。

もちろん、ちゃんと食事のできるエリアもあります。まるで飛行機の整備工場のような大きな屋根がある「マルシェホール」では、各自がお気に入りの店舗で購入したソーセージやビール、石窯ピザなどを飲食できるし、村レストラン「ポワール」では60分食べ放題のブュッフェを1500円で楽しめます。


入り口でお出迎えしてくれたのは、生後6カ月の“リアル”アルパカちゃん。たくさんの子どもたちに囲まれても動じることがなく、将来性を感じました(笑)。次に会えたら、どれぐらい大きくなっているのかなぁ。
1月18日生まれの
アルパカちゃんがお出迎え
ちなみに、こもれびの森イバライドは、1回の入場料が1000円だけど、「楽しかったから、年パス買っちゃおうかな」という人へ、当日の入場チケット半券を見せれば3500円の年パスが1000円OFFの2500円で購入できるという特典を用意していますよ。

それから、シルバニアパークの場合は、「シルバニアファミリープレミアムファンクラブ」に入会すれば(年間1500円)、パーク入場料が毎回100円OFFに。パークに限らず、ファン向けイベントにも参加できるので、シルバニアファミリー好きなら入っておいて損はないかもですね。


施設名:こもれびの森イバライド
住所:茨城県稲敷市上君山2060-1
営業時間:10:00-17:00(季節によって変動あり)
入場料大人(中学生以上)1000円、子ども(4歳以上〜小学生)600円
駐車場:あり。500円
シルバニアパーク
入場料:3歳以上一律500円(ただし、ファンクラブ会員は100円引き)
営業時間:10:00-17:00(季節によって変動あり)










2018年6月28日木曜日

タバコを吸わない人に朗報!?――深呼吸によりリラックス&生産性向上が期待できる木工バイタルセンシング型呼吸デバイス「kitoki」




 「タバコ休憩、うらやましいな。自分も席を外してリラックスしたいよ」――非喫煙者ならそんなことを考えたことがあるかもしれない。

 スタッフとJTは6月27日、呼吸と所作によりわずか3分でユーザーのリフレッシュを促す“木工バイタルセンシング型呼吸デバイス”「kitoki」(キトキ)の先行予約販売をクラウドファンディングサイト「Makuake」で開始した。量産に入った場合の想定価格は1万800円。先行予約者へは9180円からの出資を募っており、出荷は2018年12月の予定だ。

 kitokiは、精神性発汗の量により精神状態を測るバイタルセンシングデバイスだ。ふたつの電極に触れるようにして握り、吸い口から大きく息を吸い込むと電源が入り、“手汗”を計測。何度か息を吸い込むことを繰り返すうちに収まった発汗を感知して、振動し、それによりユーザーがリラックスできたということを伝えるのだ。


 電源は単4電池×2。口をつける吸い口は、替えがひとつ同梱される。

深呼吸とバイブレーションが生み出すリラックス&覚醒効果


 深呼吸とバイブレーション――実はこのふたつが、“リラックス”と次の仕事に取り掛かるための“覚醒”には欠かせないという。そのことを開発経緯として説明したのはJTたばこ事業本部R&D企画部 谷本侑成氏だ。
JTたばこ事業本部R&D企画部 谷本侑成氏
 「JTはタバコなど嗜好品を開発しているが、R&Dグループではタバコといった“モノ”のほかに情緒的価値という“コト”についても研究をしていた。喫煙者のバイタルセンシングを取ってみたところ、タバコを吸うことによるリラックス&覚醒には一定のカーブがあり、それには深呼吸とタバコの火をもみ消すという所作が関係していることが判明したため、『これと同じ効果を他のデバイスでできるのではないか』と模索している中でものづくりを大阪で行っているスタッフに出会えたのです」

  出会いの場はMakuake 4周年記念パーティーだった。

 実は、スタッフは2016年に、学習型IoTアルコールガジェット「TISPY」を開発して、Makuakeによる資金調達を成功させている。これまで大手電機メーカーなどからの開発や生産を請け負っていたが、表舞台にMakuakeを通じて登場した形だ。そして、そのつながりで参加したパーティーでJTと出会った、というわけだ。

 スタッフ営業推進チームリーダーの廣江朋也氏は、「金属加工は慣れていたが、今回のアイテムはリラックス効果を考えて、香りがよく、柔らかな手触りのあるヒノキを使うことにしたため、さまざまな課題が出てきた。木工職人に試作品を依頼し、このような形にこぎつけることができた」と開発中のストーリーを披露した。「木製のバイタルセンシングデバイスというのはあまり世の中にないので、バイタルセンシング市場の中でも先駆けになれればうれしいですね」。

スタッフ営業推進チームリーダーの廣江朋也氏

kitokiを手にするスタッフ代表取締役 小山栄一氏

個人だけではなく、企業の新規事業・商品開発の場としてのMakuake

マクアケ取締役 木内文昭氏
  本イベントに登壇したマクアケ取締役 木内文昭氏は、「Makuakeでのプロジェクト掲載数は月間約100件で、累積4300件。そのうち1000万円以上の資金調達をしたプロジェクトは累計100件にのぼる」としたうえで、「多くの企業が新規商品や新規事業を生み出せない背景には負の構図があるのではないかと感じるようになってきた」と語った。


 そのような中開設されたMakuake Incubation Studio(MIS)は「企業が持つ先端技術を価値に変換する新規事業創出を、開発テーマや企画づくり、またパートナーのマッチングといった面でサポートできる。さらに、商品を市場に投入するところまでお手伝いしていくので、テストマーケティングとしてのMakuake利用が可能で、市場の反応を見つつ、検証していく“スモールステップ”を踏んでいける」とMakuakeの役割を解説した。


  「これはおもしろいのではないか、という商品を世の中に出していき、そこで得られた反応をマーケティングデータとしてフィードバック。これは強力なマーケティングツールになると思います。そのためにも、発表して手に取ってもらえる商品をできるだけたくさん生み出していきたい。そして、ユーザーに評価してもらいたい。日本にはまだまだ芽が出ていないイノベーションの種がたくさんあるのですから」

ヒノキの香りがリラックスを後押し


 体験会、ということで実際に体験してみた。

 会場には、“通常版”と“可視化版”が用意されており筆者は呼吸により精神性発汗がどれほど減少するかがモニターで確認できる“可視化版”を体験した(なお、会場内では“~版”という呼び方はされておらず、筆者が便宜上使っている名称である)。

 ふたつのセンサーに指が触れるようにkitoki本体を握る。吸い口に口をつけ、大きく息を吸い込むと電源がオンになり、モニターに“手汗”の状態が表示された。その後、再度息を吸い込むと、手汗の波の平均値を表す緑色のグラフが表示され、吸い込む回数が増えるに応じ、値が下がっていくことが確認できた。


精神性発汗の量がだんだん減っていくのがわかる。
緑色の大きな円はkitokiを通じて息を吸い込んだことを表している。
なお、この画像はデモに参加したテスターのもの

 感想としては、口で息をしていても感じられるほのかなヒノキの香りと、柔らかな木の感触、また木のぬくもりが心地よく、使っている間はホッとした気分を味わえた。

手に馴染む形状と、ホッとする手触り

 緊張が解けたかそうでないかにかかわらず、会場に用意されたkitokiは3分でバイブレーションが作動するように設定されていたのだが、もっと長く触れていたい、使っていたいと感じてしまった。

 ちなみに、本体はニス加工を施さず無垢材のまま。これは革製品と同じように、使うことによる色の変化を楽しんでもらいたいから、とのこと。自分色になれば、愛着もひとしおだろう。

 正直、「深呼吸と手を動かすという所作だけでリフレッシュできるのであれば、普通に深呼吸して、手をブルブルと動かせばいいのでは?」と思っていたのだが、この香りや感触は何も持たずに得ることは難しい。デバイスがあれば「この人は今、リフレッシュのために何かをしているんだな」と周りの目も気にせずに済むし、何より手に伝わる振動により「あなたは今、良い状態にいますよ」と教えてもらえる安心感がある。

 タバコを吸わない人でも、わずか3分の深呼吸でリフレッシュできる「kitoki」。ファンディング開始からまだ5時間だが、すでに目標金額を達成し161万円以上を調達している。社内や顧客へのプレゼン前、また何かのイベントで登壇するような緊張するシーンでリラックスした精神状態を作り出すのに手に入れてみてはどうだろうか。